シロで働くための大切な考え

創業以来、私たちは「自分たちが生み出すプロダクトによって、周りの人を笑顔にする」ことを目指して、製品開発やグローバル展開などに取り組んできました。SHIROが世界中により多くの笑顔を作り出していくために、一緒に挑戦をしていく仲間の力が必要です。ここでは、働く現場の雰囲気やシロが働く人に求めることをお伝えします。

01.主体性を持って働く人

1番に大切にしていることです。会社のアジェンダを自分ごととして受け止め、取り組む覚悟のある方や、新しい挑戦の機会を得るために自ら動き出せる積極的な方を求めています。
「失敗でしか学ぶことはない」というブランドプロデューサー今井の言葉通り、失敗や変化を厭わない社風なので、どんなに小さなことでも目の前の仕事を自分ごととして取り組み、経験を積む中で自分も会社も成長するという好循環を生み出して欲しいと願っています。

02.働く理由が明確であること

「この製品が好き」や「SHIROを通じて身近な人を笑顔にしたい」など、その人にとってシロで働く理由が明確であることを重要視しています。働く中で、困難にぶつかることは多々あります。そんな時、シロで働く理由や製品への愛がチャレンジを乗り越える大きな支えになったり、原動力になるからです。
100年も200年先も続くブランドとなっていくために、主体性があり愛に溢れる仲間をお待ちしています。